赤ワインとポリフェノールの関係

ワインとは、葡萄果汁を発酵させたアルコール飲料です。主に海外で主流となっているお酒ですが、日本でも葡萄酒などと呼ばれ、古くから親しまれていました。赤ワインには、赤いブドウが使用されています。この赤い葡萄にはポリフェノールがたっぷり含まれていることが分かっており、さまざまな健康を実感できる可能性があるとのことで注目されています。

中でも赤ワインポリフェノール(レスベラトロール)は人間の長生きに関わる遺伝子である「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがあることが分かりました。このサーチュイン遺伝子を活性化させるには、食事制限やカロリー制限が永続的に必要だと言われていましたが、健康を損ねてしまう可能性が残されているのがネックでした。レスベラトロールを摂取することでサーチュイン遺伝子が活性化するということで赤ワインブームが巻き起こったほどです。

ただし、サーチュイン遺伝子が活性化するためには1日にボトル100本分の赤ワインを飲む必要があることが、研究の結果分かっています。ボトル100本分を一日の飲むという方法は現実的には無理なので、レスベラトロールだけを抽出し、濃縮したサプリメントが流行するようになりました。赤ワインサプリメントなどとして多くのメーカーから発売されています。レスベラトロールサプリメントにはアルコール分は一切含まれていませんので、お酒に弱い方でも愛飲することができます。ライフスタイルなどに合わせて商品選びを行いましょう。赤ワインが肌の老化に良いといわれています。実際日常的に赤ワインを飲んでいるフランスやイタリアの女性は肌がとてもきれいです。年齢を重ねてからも肌の輝きは衰えることがありません。この赤ワインには抗酸化物質であるポリフェノールがたっぷり含まれているのです。その中でも赤ワインにしか含まれていないレスベラトロールが豊富に含まれています。このレスベラトロールというポリフェノールは長寿のための成分とも呼ばれています。

人間が持つ遺伝子の中には「サーチュイン遺伝子」と呼ばれるものが含まれています。普段は休眠していますが、カロリー摂取を日常時の7割以下に制限することを続けたり、食事制限を行うことで活性化するといわれています。命を一日でもつなぐための遺伝子なので、食事制限をやめてしまう事で再び休眠してしまいます。レスベラトロールは食事制限以外でこのサーチュイン遺伝子を活性化させることができる唯一のポリフェノールだということが分かりました。毎日少しづつでも赤ワインを飲んで、体にレスベラトロールを取り入れている方は肌も美しさを保てるのですね。

ただしレスベラトロールがサーチュイン遺伝子を活性化させるためには1日ボトル100本分の赤ワインが必要なのだそうです。たしなむ程度でも肌の老化を抑えることができますが、遺伝子を刺激して本来の老化現象を食い止めることはまず不可能です。そのために、高品質のレスベラトロールが配合されたサプリメントを服用することが提案されるようにもなってきたのです。

髪の毛に良くない食べ物の特徴は?

食生活を改善すると育毛環境の改善にも繋がり、元気な髪の毛を育ちやすい状態になると言われています。
一生懸命髪の毛に良いとされている食べ物を摂っている方が多いですが、髪に良くない食べ物を避けずに過ごしている方も多いです。
髪の毛にとって良くない食べ物はできるだけ摂らないようにして、食生活の見直しを図るべきです。
髪に良くない食べ物の特徴は、体にも良くないものとして一般にも認識されているものが該当します。

体調を悪化させて最悪の場合は病気を引き起こし兼ねないとして注意しなければいけないのが塩分の摂り過ぎです。
元々日本人の食生活は味噌や醤油などの調味料を好んで使い、漬物も頻繁に食べていたため、比較的塩分に対する耐性が高いと言われています。
それでも塩分の摂取量が多すぎては内臓機能を低下させたり、血流が悪化したりと健康に悪影響を及ぼします。
更に頭皮環境の悪化を招き、健康的な髪の毛が育ちにくい状態になります。
塩辛い食べ物は髪の毛に良くありませんが、甘い食べ物を過剰に摂るのも良くありません。
甘いものが大好きな方は体の冷えを感じやすいものですが、原材料に使われている白砂糖が体の冷えを招く大きな原因になると言われています。
体の冷えは血行不良を招き、余分な老廃物を溜め込みやすい体質にします。
代謝機能がどんどん衰えていくため、抜け毛が増えても新しい髪がなかなか生えてこない状況になります。
内臓機能の低下やコレステロールの増加など健康にも悪影響を及ぼすため、甘いものを食べ過ぎるのは控えるべきです。

このように体に悪い影響を与える食べ物は、髪の毛にとっても良くない食べ物だと認識してできるだけ控えるように心がけてください。
ファーストフードを中心とした外食やインスタント食品や冷凍食品等の加工食品を日常的に好んで食べている方は、髪の毛に悪い影響を与える食生活を続けているのだと認識してください。
不健康になる食生活は髪や頭皮の健康状態も悪化させる大きな原因になるものだと覚えておけば、必然的に髪の毛に良くない食べ物を避けられます。

ゆらぎ肌の原因と対策方法は?

ゆらぎ肌というのは、簡単に言ってしまうと肌質が定まらない状態のお肌です。
肌質は普通肌、オイリー肌、乾燥肌、敏感肌などの種類があり、季節や体調によって若干変わることはあるものの、基本的にはこのうちのどれかに分類されています。

ですが、紫外線など外部からの刺激や高温多湿の気候、インナードライなどで肌のバリア機能が低下すると、肌の状態が不安定になります。
皮脂がたくさん分泌されていると思えば、急に乾燥気味になったりするので、スキンケアで肌をコントロールできなくなってしまい、肌トラブルが引き起こされてしまうのです。

ゆらぎ肌になっているときは、とにかく角質層を強化してバリア機能を正常化してあげなくてはいけません。
そのためのポイントとなるのがクレンジングです。

クレンジングはメイクを落とす効果だけではなく、角質を落としたり、皮脂やメイクで汚れた毛穴もしっかりクリアにしてくれます。
肌をリセットすることでターンオーバーが促進されると、バリア機能の働きも活発になります。

バリア機能がきちんと働けば、外部の刺激に対して抵抗が出来る肌になっていき、また内部の水分も保持して潤いを保つことができます。
このように肌が健康になることで、ゆらぎ肌を改善することができるのですね。まずはクリームタイプやジェルタイプなど肌滑りが良いクレンジング料を肌になじませ、マッサージをしながら汚れを絡めとります。敏感肌の方はとくに肌が揺らぎやすいですが、敏感肌でも毛穴の黒ずみが気になってしまう脂性敏感肌の方もいますので、その場合にはセラミド配合の化粧品を使用していくとよいでしょう。

小鼻やこめかみなど細かい部分は指の腹を使って、おでこや頬は手のひらを移動させながら、優しく毛穴から汚れを押し出してください。
肌のざらつきやごわつきがなくなったら、ぬるま湯で十分に洗い流し、弾力のあるきめ細かい泡を作って洗顔をしてしっかりすすぎましょう。

スキンケア化粧品は角質層の保湿成分である、セラミドや天然保湿因子が配合されているものを使います。
ゆらぎ肌はこれらの成分が不足しているため、バリア機能の核となる角質層の角質細胞に隙間が出来てしまいます。

このような状態で美容成分を補給しても、バリア機能は回復しないので、化粧品で角質層の保湿成分をしっかり補給することが、ゆらぎ肌のスキンケア方法のポイントになります。

酵素洗顔は肌の代謝を高めるのに良い?

艶やかで透明感のある瑞々しい素肌になるためには、代謝がきちんと行われていなくてはいけません。
代謝が低下すると、古い角質が肌に溜まってしまい、これが積み重なって肌の層が厚くなる角質肥厚が引き起こされます。

古い角質というのはすでに死んでおり、艶もなく色素も沈着したままなので、肌の色がトーンダウンしてしまいます。
さらに、角質が溜まると毛穴が塞がれて、皮脂や老廃物が詰まってニキビが出来たり、柔軟性がなくなることでシワが出来たりします。

また、代謝というのは、肌で生成されるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分の生成にも大きく関わっています。
ですので、代謝が悪くなると保湿成分が不足してしまうので、乾燥肌になったり、肌がたるんだりとあらゆる肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

こういった症状を防いだり改善するには、とにかく代謝を高めることが必要です。
そのためには血行を促進したり、スキンケアで肌を整えてあげることも効果的なのですが、まずは溜まってしまった角質を落とすことが最優先になります。角質が綺麗に取れれば、より毛穴パックの効果もあがりやすいですし、毛穴パックが不要になることもありますので、定期的に酵素洗顔をしていくとよいでしょう。普通の洗顔料は強力な洗浄成分が配合されているものの、落とせるのは皮脂や汚れだけで、タンパク質で構成された角質を落とすことが出来ません。

タンパク質は分解しないと落とせないのですが、その効果を持っているのが酵素です。
酵素はタンパク質や脂肪を分解する作用があるので、酵素洗顔をすると古い角質を綺麗に取り除くことができ、肌の機能が活性化されて代謝が促進されます。

また、肌を覆って化粧品の浸透を邪魔していた角質が落ちることで、保湿成分や美容成分もスムーズに肌に取り込まれていきます。
不足している成分を補えば、バリア機能も正常化されて外部の刺激にも負けない、強く健康な肌を作り上げることができます。

酵素洗顔によって肌の状態を整えることで、代謝はどんどん高まり、トラブルや老化を改善したり防いだり出来るのですね。
ただし、酵素は肌を構成するタンパク質に作用するため、酵素洗顔をやりすぎると負担をかけてしまうので気をつけましょう。

首のニキビを改善する方法は?

ニキビというと顔や背中に出来るもの、と言うイメージがあるかもしれませんが、年齢を重ねていくと首にも出来ることがあります。

実は、首には顔の約2倍もの汗腺があり、汗や皮脂などで汚れやすく雑菌も繁殖しやすい環境になっているので、ニキビが出来やすい部分でもあるのです。

そんな首のニキビは、主にホルモンバランスの乱れと衣服や髪の毛による摩擦、そして雑菌が原因となっています。
ホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーが低下してしまうため、皮脂や老廃物の排出がスムーズにできなくなります。

そこに洋服のえりや髪の毛の先端が触れてこすれると、炎症を起こしてしまいニキビが発症してしまいます。
また、毛穴が詰まると、皮脂を餌にしている雑菌が急激に繁殖しますから、これもニキビを引き起こします。首でも後ろ側である襟足の部分はニキビもできやすい場所です。そして皮膚も何かと薄い場所でもあるので、首は、ケアもしにくい場所です。刺激によってはかゆみ等が出やすいです。ですが、顔のケアはしっかりするけど首はほったらかしという方も多いでしょう。
首に出来たニキビを放っておくと、顔などと同様に症状が悪化してニキビ跡が残ってしまうかもしれないので、見つけたらすぐにケアをしましょう。
首のニキビの改善方法も他の部位と同じで、しっかり保湿をすることが重要になります。

保湿をするとターンオーバーがスムーズに行われるようになるので、ローションと乳液できちんとケアしてあげましょう。首は皮膚が薄いので、角質ケアも大切ですが、ピーリングタイプではないランキングで好評の角質ケア用の化粧水を定期的にしていくと効果的です。

首の周りは、特に開き毛穴、たるみ毛穴を引き締めると、目立ちやすい首のシワなどにも同時に効果的です。

また、日焼けによるダメージもニキビには大敵なので、昼間は日焼け止めでカバーしてください。
摩擦が起きると治らないため、洋服がニキビに当たるようなデザインのものは着ないようにすることも大切なポイントです。

タートルネックやYシャツなどはニキビを悪化させてしまうので、出来るだけえりぐりの広いものを着たり、綿素材のストールなどで保護してあげるといいですね。
もう一つ大事なのが、規則正しい生活習慣です。
食生活や睡眠が乱れるとホルモンバランスが崩れてしまいますから、3食バランスよく食べ、睡眠もしっかり取るようにすることが首のニキビも改善に繋がります。

石鹸でしっかり汚れを取ることは大切ですが、かゆみなども出やすいので、擦り過ぎないようにして首周りの毛穴のケアをしていきましょう。

ノエビア505薬用スキンローションの通販情報

気になる肌のエイジングサインでは、肌のエイジングケアも大切ですが、エイジングサインでは毛穴のたるみなど、肌の奥が乾燥することが原因になることも多いです。

毛穴が開いてしまった場合のケアには保湿が重要です。肌の奥の乾燥をケアすることでキュッと毛穴を引き締めることができます。

ノエビアは肌に近い植物成分を研究し配合した自然派化粧品です。

505シリーズはしわなのど加齢による悩みだけでなく、紫外線などの外部刺激によるダメージにも働きかけるワンランク上のエイジングケア商品です。

ノエビアは植物のライフサイクルに着目し、生命力の強いイチョウ新芽・ビワ葉・スイカズラ花・アンズ果実などを配合しました。

選び抜かれた計26種類の植物エキスをバランス良く配合することにより、お肌で最高の働きをしてくれるのです。

さらに「モイスチュアマイクロカプセル」が浸透力を高めうるおいを持続してくれるので、本来のみずみずしくハリのある肌に生まれ変わります。

505シリーズは様々な悩みを持つ大人の肌の為に研究された上質なスキンケアなのです。

トライアルセットの薬用ローションはたっぷり25mlもありますので使用後のお肌の違いを実感できるはずです。

今回は99シリーズミニサンプルセットとエクストラミニセット計10点の豪華プレゼント付きで期間限定1890円でお試しできます。年齢を重ねたお肌にハリとうるおいを届ける極上のスキンケアを体感してください。

エナジーチュール(シンプス)の効果や特徴

毛穴が開いてくると最初は脂性とか肌が乾燥しやすいのだけど、ある程度期間が経つと毛穴がゆるみだしてきます。

そうすると以前よりも毛穴がより目立ちやすくなりますが、毛穴が緩み出すと乾燥しやすいです。

だけど開いているときは皮脂の分泌量とか多い場合もあります。

なので頬の毛穴とか緩みやすいですが、もともと脂性肌の方でも混合肌になりやすいんですよね。

緩みやすい毛穴には頬を中心として口の周りとかフェイスラインとかもそうですが、乾燥しやすいので毛穴ケアとしてもコラーゲンやヒアルロン酸など肌の保水力と同時に角質層のキメを整えるコラーゲンなど成分で配合されている化粧品を選ぶと毛穴の緩みも目立たなくなりやすいです。

そこでおすすめなのが、シンプスのエナジーチュールが使用しやすいでしょう。伸びが良いので心地よく使用できるのが特徴ですが、エイジングケアとして成分がたっぷりつまった植物性エキスのエナジー感がたっぷり詰まっているのが特徴です。

乾燥した小じわにも効果的で、エイジングケアとしてどうしても欠かせないのが古い角質が残りやすく代謝が悪くなることで肌のくすみなどを解消するのに良い成分として美白成分のアルブチンを配合しています。

肌の表面である角質層と肌の奥にあるインナー層を同時にケアできるエナジーチュールは毛穴が開いて緩みだした毛穴ケアにとっても最適です。

米肌~MAIHADA~の魅力

毛穴の悩みはセラミド不足から始まると言われています。

よく25歳過ぎると毛穴が開きやすいと言われていますが、その主な原因はセラミド不足からきているようです。

セラミドが少なくなると肌の水分保持力がなくなってくるので、インナー層が乾燥してきます。そうすると肌全体の水分量が低下してくるので毛穴が開いて皮脂量を多くして肌の表面に出てきます。

水分の少なさを皮脂で賄おうとするということなんですよね。

なので毛穴の悩みで毛穴が開いてしまったりたるんできてしまった場合には、セラミドの生産性を高めてあげることが大切です。

特に30代になると開いた毛穴がたるみやすくなり、頬など肌のキメも乱れやすくなってきます。肌のキメを整えるだけだとコラーゲンやエラスチンだけで十分ですが、やはりインナー層の乾燥という原因をしっかりと対処していくというのが毛穴の悩みを解消されると同時に一番大切です。

セラミドを補充しても実際肌の中でセラミドが使用されるかわからないですし、ずっと化粧品のセラミドにお世話になってしまうので、セラミドの生産性を高める成分が配合されていると効果的です。そこでおすすめなのが米肌です。米肌には、ライスパワーエキスが配合されていてセラミドの生産性が高くなりやすいです。

ですので毛穴ケアに最適なんですが、肌のキメまで整えやすいので、肌にも悩みを抱えている方に最適です。

どちらかといえば脂性肌の方よりも乾燥肌の方の方が使用しやすいですが、脂性肌の方でもインナー層が乾燥して脂性になっているので使用しやすいのが特徴です。

化粧水でも角質層を満たすだけでなく、インナー層までしっかり浸透するライスパワーエキスを肌で実感してみてくださいね♪

毛穴のたるみの原因は?

年齢と共に、毛穴のたるみが目立つようになってくるのは自然の摂理です。開き毛穴と似ている面がありますが、ケアの方法など違いなどはあるのでしょうか?また改善するための方法などを解説したいと思います。

たるみの原因は?特に肌の真皮の乾燥が原因と言われています。真皮が乾燥する理由は、ストレスで女性ホルモンのバランスが乱れたり、女性ホルモンの量が減少してきているという理由があります。これは肌のたるみも関係しています。

女性ホルモンの量が減ってくるとコラーゲンの生成力が落ちてくるので、角質層のキメが粗くなってくるそうです。角質層のキメが粗くなってくると肌のハリが失われてくるので、毛穴もたるみやすくなります。開き毛穴と大きな違いは、毛穴のたるみは頬に多いのが大きな特徴です。頬の方がたるみやすいというのもありますが、多くは水分量が不足しやすい場所でもあるからなんですよね。鼻の周りよりも水分量が少なくなり、混合肌では頬の方が乾燥しやすいです。ですので、基本的なケアの方法としてはしっかり保湿することが改善では大切です。

関連することでは頬のたるみやほうれい線など30代からの悩みとして挙げられているエイジングサインが多くなってきます。

赤ちゃんのようにモチモチで、毛穴の目立たない肌を永遠に持ち続けることはできません。けれど、普段からの小さな心がけで、毛穴のたるみを軽減することは可能です。

毛穴の中に汚れを貯め込むと、毛穴が詰まりたるみを促進する原因となります。一日の汚れはその日のうちに落とすことが重要です。クレンジングで丁寧にメイクを落とした後は、しっかりと泡立てた石けんで洗顔します。石けんを残さないように、しっかりと洗い流しましょう。

また洗顔料などは泡が固めの逃げない泡の石鹸を使用しましょう。泡が柔らかくてヘタってしまう石鹸は洗う時に無理な力が入りやすいので肌を傷つけやすいです。

きちんと洗顔をおこない、毛穴の汚れをおとしたあとは、化粧水で保湿をします。肌に潤いがあると、肌のキメも整い毛穴をギュッと引き締めてくれるので、たるみを改善する効果があります。

コラーゲンやヒアルロン酸など、保湿効果の高い美容成分の配合されたものは、さらに大きな改善の効果を発揮してくれるでしょう。化粧水で保湿した後は、クリームや乳液で水分を逃がさないようにケアをして栓をします。

瑞々しいお肌が長続きし、美容成分も浸透するので、乾燥を防ぎ毛穴のたるみを軽減することができます。またビタミンCが配合されていると毛穴の引き締め効果もありますし、角質層を柔らかくする作用があるので、化粧水や美容液で配合されているのを選んでみてください。

また、面白いたるみ解消法としては、スプーンを使ったものがあります。毛穴の汚れを落とした後、スチームで肌を温め毛穴を開げたあと、冷やしたスプーンをあてて毛穴をキュッと引き締めます。自宅で即席エステのような効果を得ることができます。その後に化粧水を使用するとより毛穴がキュッと引き締めることができます。ケア用の化粧水は当サイトのトップページのランキングを参考にしてみるとよいでしょう。

年齢なので仕方がないと諦めずに、きちんと対処してたるみを改善しましょう。

抜け毛の防止効果のある食材は?

抜け毛が多くて気になっている方が食生活の見直しを実践しようとしても、正直なところ何から手を付けて良いものかわからない方も多いでしょう。
今まで食事に関して無頓着だった方が、急に栄養バランスを考えた食生活を心がけようとしてもなかなか実現しにくいものです。
あまりにも気にしすぎてストレスが貯まっては本末転倒になるため、無理なく実践できる方法から始めてみましょう。

抜け毛防止効果がある食材として意識して欲しい栄養素は髪の毛を生成するたんぱく質、亜鉛、ビタミンが基本になります。
これらの栄養素が含まれる食事を摂るのが望ましいですが、毎食気にしていると同じようなメニューばかりに偏る可能性もあります。
最初は料理にちょい足しすると抜け毛防止に繋がる食材として活用すると、無理なく栄養バランスの良い食生活が実現します。

髪の毛を構成しているケラチンはたんぱく質の一種で、複数のアミノ酸が組み合わさって構成されています。
アミノ酸を簡単に補給できる食材としておすすめなのがかつおぶしです。
かつおぶしは様々な料理を引き立てる名脇役として活躍しますが、栄養バランスの面でも大いに役立つ食材になります。
例えば湯豆腐はタレにかつおぶしとネギを合わせていただくと良い組み合わせになります。
かつおぶしのアミノ酸だけでなく、豆腐に含まれる大豆イソフラボン、ネギに含まれる血液サラサラ成分の硫化アリルの相乗効果で健康的な髪が育つ環境を整えながらしっかり栄養を補えます。

亜鉛を効率良く補給する食材にはチーズや牛肉がありますが、どちらかというとメイン食材になる場合が多いです。
脇役として活用できる食材でおすすめなのが、パルメザンチーズです。
パスタによく合う脇役として活躍しますが、豊富な亜鉛を含んでいる食材としても活躍します。
例えばナポリタンにパルメザンチーズをかけて食べると不足しがちな亜鉛を上手に摂取できます。
ナポリタンに使われているケチャップは、トマトのリコピンによる抗酸化作用が期待できる食材になります。

亜鉛と相性の良いクエン酸やビタミンCが含まれる食材としてはレモンがおすすめです。
牡蠣とレモンの相性が良いのは、味だけでなく育毛にも良いと言えます。